DSCN2267

FCRキャブレターの浮動バルブです。

DSCN2270
DSCN2269
DSCN2268

2個の浮動バルブに、クラックが見つかりました。

アルミ製のこの部品は、もう少しで破断してしまう所でした。

大型ボディの浮動バルブは1シーズン、もしくは1万6000Kmで交換が推奨されている定期交換部品です。

定期的にチェックをお勧めします。

大体、開けるときに引っ掛かるより、戻す時に引っ掛かる事が多いので、怖い思いをします。

そんな時でも冷静にキルスイッチを操作できるように、普段からキルスイッチを操作しておくといいと思います。

キルスイッチが付いていないとか、、付いていてもグリップを握った状態(ブレーキの操作中)で
操作できない位置に有るとか・・・怖いですね。

その様なバイクの試運転は、まずそこを改善してからにさせて頂いております。