「しばらく乗れていなかったので、足回りの点検を・・・」というご要望です。

まずはステムベアリングから

DSCN1606
DSCN1607

レースに傷、サビ等無く交換の必要は有りませんが、グリスはもう古そうですので、洗い油でキレイにしてからグリスアップを行います。

DSCN1610

DSCN1611

サビの出ていたトップナットとワッシャは、磨いておきました。

次はスイングアームを取り外し、ピボットのベアリングを点検します。

DSCN1638
DSCN1637

ボールベアリング、ニードルベアリング共に問題ありませんでしたので、
こちらも洗い油で古いグリスを洗い流してグリスを入れ替えます。DSCN1626

ホイールベアリングも前後共に問題無し。

スイングアームを外したついでに・・・

DSCN1624

バッテリーケースの錆びて固着して緩まないボルトを、抜き取ります。

表からはアクセスしにくかったので、裏から作業します。

DSCN1633
DSCN1634

姿勢が大変でしたが、何とか抜き取りに成功しました。

つづく