長い間、お待たせして申し訳ありません。

DSCN1661

KZ1000MK2 エンジンO/H作業開始です。

まずは、腰上を分解します。

ヘッドガスケットの交換歴は有ります。

DSCN1663

ピストンは、70mmのノーマルピストンでした。

DSCN1664

簡易点検では、クランクの位相ずれは無し。

ベースガスケットの交換歴も有りです。

DSCN1665

腰下も降りました。

DSCN1667

キックシャフトカバーのボルト2本と・・・

DSCN1668

ジェネレーターカバーのボルトの六角穴が舐めてしまっておりましたので、まずはこれから。

旧車のエンジンを分解する場合、何本かのボルトが折れる事は有りますが、出来るだけリカバリーしやすい様に、ダメージを残さないように作業を進めます。