イメージ 1

右直事故で衝突は回避しながらも右側に転倒してしまったエリミネーター750です。

イメージ 2

特徴的な形状のウインカーも折れてしまい、当然メーカー欠品部品です。

以前もリヤウインカーが手に入らなかったので、フロントウインカーを取り付けていたそうで、今回もフロントウインカーが有るという事ですので、加工をしてとりつけます。

イメージ 3

リヤウインカーはこのアルミのタンデムバーというかシーシーバーに取り付けられる為に、M10のボルト部分が長くなっていますが、前業者の方はヘリサートで対処した模様。

ウインカーの向きはねじロックにより固定されておりました。確かにこの方法なら次もフロントウインカーが手に入れば同じ様に取り付け可能となります。

それでも少し心配な面も有りますので、違う方法を試みます。



イメージ 4

このM10のネジ部分を延長します。

イメージ 5

ドナーウインカーのネジ部分をカットして溶接して延長しました。

画像では曲がっている様にみえますが、ハーネスを抜いて、中空部分にセンター出しの冶具を入れて溶接しましたので、まっすぐに付いています。

ハーネスの抜き差しが一番大変でした。

イメージ 6

これで普通に脱着も可能で、ウインカーの向きも問題ありません。

ただ次回も同じ様に手間が掛かりますので、破損しない様に気を付けてください。