イメージ 1

車検整備でお預かりしたGPz1100はチェンジシャフトのシール部分からのオイル漏れが有ります。

イメージ 2

シールの交換と同時にチェンジシャフトを同時に交換しておきましょう。

もちろん、クラッチプッシュロッドとアウトプットシャフトのシールも交換しています。

イメージ 3

前後タイヤ交換と摩耗したスプロケットを交換。

イメージ 4

ブレーキパッドも残りが少ないので、交換です。

イメージ 5

パッド交換時には必ずピストンをキレイに洗浄、給油して揉み出しを行っています。

イメージ 6

曲がったブレーキレバーは慣れてしまうと気にならない様ですが、やはり扱いにくいはず・・・。

イメージ 7

これぐらいなら修正可能です。

イメージ 8

検査ラインは昨日通してきましたので、洗浄中のパワーフィルターを取り付ければ完成です。