イメージ 1

オイル消費が激しくなり、マフラーからの白煙も多くなってきたKZ1000R1です。

イメージ 2

前回のオイル消費したピストンの見本はこのバイクの物でした。

イメージ 3

3万キロほど使用したワイセコピストンですが、変な当たりも無く良好な状態です。

イメージ 4

ピストンリングのトップリングが段付き摩耗しています。

これが原因で3万キロ前後くらいからオイル消費が増える事が多いです。

オイルを継ぎ足しながら誤魔化して乗っていると、さらに薄くなったピストンリングが破断して、ピストン、シリンダー共にダメージが出てしまいますので、ピストンリングを早めに交換する事が望ましいでしょう。

イメージ 5

外したピストンリングの合い口隙間は0.7㎜になっていました。

イメージ 6

ピストンクリアランスも確認して、修理のメニューを考えます。

シリンダーを軽くホーニングして、リング交換で問題無さそうです。

つづく