イメージ 1
 
ホイールにタイヤを組み付ける前に、バランスを測定します。
 
一般的には、エアバルブの位置をホイールの1番重たい部分として、タイヤの軽点を合わせるのですが
意外とそうでもない場合も多く、マグホイールの中にも大きくずれた物も有りました。
 
バランスウエイトを少しでも減らしたいので、バランスも実測しておく訳です。
 
イメージ 2
 
今回のゲイルスピードは、こんな感じです。
 
 
イメージ 3
 
加工したスピードセンサーを取り付けて、ディスクボルトとのクリアランスを確認。
 
問題無い様ですので、レシーバーも合わせて加工して組み付けます。
 
イメージ 6
SSイトウのキャリパーサポートが出来上がるまで、手持ちのサポートで仮組みしてブレーキホースのフィッティングを行いました。
 
イメージ 4
 
マスターはブレンボのRCS19φ
 
イメージ 5
 
タンクステーは新作のステンレス製です。
 
イメージ 7
ウインカーを小型化してリヤは定番のこの位置に取り付け
 
イメージ 8
 
右側にはアルミのカラーで位置合わせ、カラーの色はブラックにしておきます。