イメージ 1
 
「NO.4 プラグホールのネジ山が傷んでいるので、タップで修正を・・・」という事でしたが、手持ちのタップでは水冷車には届きませんでしたので、ロングのスパイラルタップを手配しました。
 
イメージ 2
 
タップにグリスを塗って少しづつタップを回す事で、切粉が燃焼室内に落ちるのを最大限に防ぎます。
 
イメージ 3
 
このぐらいの回数に分けて修整しましたので、恐らく燃焼室には落ちていないと思います。
 
イメージ 4
 
ニードルも入荷しましたので、キャブのセットも完了です。
 
おまたせしました。