イメージ 1
 
シリンダーをボーリングしたエンジンには、多少なりともその効果に期待して、マグネット付きのオイルフィルターを使用しています。
 
さて、次はエンジン左側のオイル漏れ修理です。
 
イメージ 2
 
ミッションカバーはチェーングリスと漏れたオイルでドロドロです。
 
イメージ 3
 
クランクケースの合わせ面からも?・・・
 
イメージ 4
 
いえ、スターターのOリングからでした。
 
イメージ 5
 
ジェネレーターカバーのグロメットは交換せずに、対策して組み付けです。
 
イメージ 14
 
マグネットローターはまるで新品のような状態です。
 
イメージ 6
 
スプロケットとチェーンは630から525へコンバート、ナットが緩む事が有るのでロックワッシャは2か所をかしめます。
 
イメージ 7
イメージ 8
 
イメージ 9
 
リヤスプロケットのナットはロックワッシャを使用せず、ロックナットに変更しています。
 
イメージ 10
 
スプロケットカバーの内側も清掃すると、こちらもまるで新品の様です。
 
イメージ 11
 
レリーズは当然グリスアップしています。
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
曲がっていたクラッチレバーも修整して
 
イメージ 15
 組み上がりました。
 
これから試運転です。