ステムとフロントフォーク、ホイールを交換する事となった刀は、IGキーでハンドルロックを行う加工を行います。
 
まずは、ステムの交換です。
 
イメージ 1
 
アンダーは付属のテーパーベアリングを使用しますが、アッパーは私の好みでボールベアリングを使用します。
 
イメージ 2
 
使用したステムはナイトロレーシング製です。
 
イメージ 3
トップブリッジがニンジャ用と共通となっている為に、ニンジャ用のIGキーブラケットを別にオーダーすれば
ニンジャ用のIGキーが取り付け出来ます。
 
しかし、トップブリッジに取り付けが出来ても、そのままでは車体に取り付けできません。
 
IGキー本体、メーターステー、カウルステーに加工して、何とか取り付けできました。
 
イメージ 4
ハンドルを左に切って、IG-キーによるハンドルロックが可能です。
 
イメージ 5
IGキースイッチのハーネスを加工して、刀のメインハーネスと接続しました。
 
イメージ 6
フォークを取り付けて測定し、ホイールのセンター出しにアクスルカラーの製作でフロント廻りの完成です。
 
イメージ 7
次はリヤ廻りです。
 
イメージ 8
 
リヤ廻りを分解して行くとブレーキパッドが残り少ないので、交換しておきます。
 
キャリパーを点検すると・・・
 
イメージ 9
 
ブーツを取るとこんな事に・・・
 
何も考えずにピストンを押し込むと大変な事になります。
 
イメージ 10
 
ピストンをもう少し出した状態で洗浄すると、キレイになりました。
 
ピストンの動きが悪ければO/Hが望ましいですが、ピストンの動きに問題は有りませんので、今回はこのまま
でもO.Kでしょう。
 
イメージ 11
GSX-R用のマグ鍛のJB-1です。
 
リヤサスのオーリンズのレジェンドツインに
 
イメージ 12
アクスルシャフトは中空にしました。
 
つづく