イメージ 1
 
お待たせしました。
 
Z1000R2のブレーキ廻りの交換作業開始です。
 
イメージ 2
 
現在はノーマルブレーキシステムですが、ディスクとキャリパーを交換します。
 
イメージ 3
 
ホイールはマルケジー二のタイプMS、いわゆるモーリスタイプです。
 
確か生産開始後すぐに金型が破損し、極僅かだけが流通したという希少なホイールだったと聞いております。
 
イメージ 4
ディスクはサンスター製GSX-R’89年モデルが寸法には装着できますが、APのSP2696に合わせるとオフセットさせて、スポークとの干渉を避ける必要が有ります。
 
ホイールによっては、左右でオフセット量を変えないといけない場合や、ホイールセンターが出ていないホイールも有りますので、キャリパーとホイールのスポークとのクリアランスは必ず測定して確認しておく必要があります。
 
つづく