先日、モーリスホイールを入れたKZ1000J のリヤタイヤは150/70-18 です。
 
イメージ 1
 
ノーマルのトルクロッドとのクリアランスがギリギリです。
 
新品タイヤを組んだ時は、1㎜ほどのクリアランスが有りましたが、荷重が掛かるとタイヤの変形により
わずかにこすれ出しました。
 
まぁ、想定内でしたので対策しましょう。
 
ストックしてあるトルクロッドを加工します。
 
イメージ 2
 
まずは内側をカットして、最近さらに腕を上げと評判のTIG溶接で鉄板を溶接して仕上げます。
 
イメージ 3
 
ブラストを当てて、ウレタンペイントで出来上がり。
 
イメージ 4
ホイールの脱着時の事を考えて少し大きめにカットしておきました。
 
これで、クリアランスも十分です。