18万キロを突破したZ2ですが、セカンドで加速すると一瞬ギヤ抜けを起こす症状が出始めました。

2速で引っぱら無ければ問題無いんですが、このままでは峠道なんかでは面白くないですよね。

イメージ 1
イメージ 2

エンジンを降ろし、クランクケースを分解してミッションを取り出します。

エンジンをひっくり返す訳ですから、オイルパンに溜まったスラッジがアッパーケース側に残ってしまわない様に先に、オイルを抜いてオイルパンを外しておくのは当然です。

イメージ 3

セカンドのギヤ抜けですので原因は、アウトプットのセカンドギヤとトップギヤの噛み合い部分が原因と考えられます。

イメージ 4

トップギヤのドッグが丸くなっているのが原因でしょう。

イメージ 5

シフトフォークも削れています。

イメージ 6

なんと、Z2のミッションのギヤはこのトップギヤだけまだメーカーに有るんですね。

イメージ 10

フォークもまだ新品が出ます。

他のギヤに大きな問題が有りませんでしたので、ベアリングとOリングを新品にし、シム調整を行って組み付けます。

イメージ 7

他には、汚れたオイルパンをガラスビーズにてブラスト処理.

イメージ 8

スターターのOリングもオイル漏れの原因です。

イメージ 9

汚れたミッションカバーも清掃して、オイルシールを交換。

これで、腰下は全くオイル漏れ、オイル汚れが無い状態となりました。

それが、気持ちイイ。