イメージ 1

明日は定休日ですので、岡山国際サーキットで行われる「ダンロップ サーキットステーション」の中級クラスに参加し、夏頃発売予定の「S1タイプスイングアーム」のテストも兼ねて、久しぶりに走って来ます。

今回は、ニンジャのN君と二人だけの参加となりましたので、また車載カメラを搭載する予定ですので、今回はN君の激走を収めたいと思います。

イメージ 2

ジェネレーターカバーはカット加工した物に交換。

前後17インチタイヤで走行していた時は、今より高い車高でもこのカバーの1部が擦っておりましたが、18インチとした前回は、膝さえも擦らないツーリング状態で、恐らく通常のカバーのままでも擦らなかったと思います。

それでも、「擦るかも知れない・・・」と「擦らない」では安心感が違いますから、準備だけはしておきましょう。

イメージ 3

カバーのカットが斜めなのは、ブレーキングしながらのコーナー進入時に対処しているからです。

サーキット走行と言えど安全運転を心掛けて、走りたいと思います。