エンジンブローで入庫となったMK2のピストンが、処理から戻ってきました。

イメージ 1

WPC+Mos2ショットを行いましたが、今回からハイパーモリブデンショットとグレードUPされておりますので、更なる効果が期待出来ます。

イメージ 2
イメージ 3

シリンダーは上面、下面共修整面研を行い、スリーブを交換してボーリング。

イメージ 4

オーナーにはご覧頂けませんでしたので、画像でご覧下さい。

シリンダーヘッドも修整面研を行いました。

イメージ 5

ブローした1番には、傷が残りましたが燃焼室に問題が無いのが幸いでしたね。

イメージ 6

カムカバーは仮組ですが、エンジンもほぼ完成です。

今回は、フレームにも手を入れました。

イメージ 7
イメージ 8

ネックしたのガセットを撤去して、パイプによる補強としております。

これに、J系用のS1タイプのオイルクーラーステーを加工して取り付け、コアをフレームと並行となる位置にまで起こしてセットしました。

これで、空気の流れが良くなりオイルクーラー、ヘッド廻り共に冷却性がアップする・・・はず。

さらに、ラバーバンド止めの雰囲気が最高でしょ。

イメージ 9