ヨーロッパから輸入されたZ1000Jの作業の開始です。

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

車体はJ1をベースに改造されており、R2のメーター廻り、ホイール、キャブ、キャリパーが変更されておりますが、どれも使えそうに有りません・・・

イメージ 8

トップブリッジがR2用に変更され、ハンドルロックボスがカットされています。

イメージ 9

ノーマルステップを外すと、不細工なブラケットが・・・

まずは、シャーシから手を入れて行きましょう。

イメージ 10

ハンドルロックボスを他のフレームから移植しました。

イメージ 1
イメージ 2

オーナーの選んだS1タイプのバックステップに合わせて、ブラケットを製作し、S1と同じ位置となる様に溶接。
 
イメージ 3

EU仕様のJ1には、オイルクーラーの取り付けブラケットが有りませんので、こちらも製作して溶接しております。

S1タイプのオイルクーラーステーを取り付ける為には必要です。

イメージ 4

ついに再販となったS1ステムのを取り付けます。


つづく