イメージ 1

左のハンドルスイッチに、ヤマハのいわゆるOWタイプのスイッチを使用していた1000Jですが、右のスイッチに合わせてカワサキ純正のスイッチに交換します。

イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4

右のスイッチと同様に、メインハーネス側のカプラーもツメ付きに交換しておきます。

カワサキ純正ハンドルスイッチに、交換する目的はもう1つ有ります。

ウインカーランプを、ポジションランプとして使用する事です。

イメージ 5

メインハーネスにスイッチからのハーネスを追加する事で・・・

イメージ 6
イメージ 7

ウインカー点滅時には、ポジションランプが切れる回路となります。

ポジションランプが点いたまま、ウインカーランプが点いても点滅では無く、光の増減となりますので、車検には通りませんし、視認性にも問題が有るでしょう。

何よりウインカー点滅からポジションに変わる瞬間が、何とも言えずカッコいいと思うのは、僕だけでしょうか・・・。