イメージ 7

大阪からお越し頂いたZ1100Rは、ワンウエイクラッチの不良の修理と車検整備をさせていただきます。

まず、ワンウエイクラッチの修理です。

「カラッカラッ」とスタータークラッチギヤの踊る音がして、ワンウエイクラッチが滑ってしまっております。

マグネットローターのセットボルトが緩んでいる様な症状です。

ジェネレーターカバーを外すと、まずはマグネットローターの傷が気になります。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

ステーターコイルのハーネスクランプが、正しく取り付けられておりません。

これは、よく有る事例なんです。

イメージ 4

ちゃんとクランプの位置決めをする様になっております。

次にワンウエイクラッチの点検です。

マグネットローターのセットボルトに緩みは有りませんでしたが、クラッチギヤにはガタがあります。

という事は、マグネットローターとワンウエイクラッチの緩み、もしくはダンパーの痛みかな?

外してびっくり・・・。

イメージ 5

これでは、いけませんねぇ~。

イメージ 6

正解は、「変なワッシャが入れられていた。」です。

これでは、ダンパーが効かないのでクラッチギヤが遊んでしまいます。

他に問題は有りませんでしたので、各部品を洗浄してから、正しく組み付けて終了です。

何のために、こんな所にワッシャを入れたのか解りませんんが、ハーネスのクランプといい、正しい、正しく無いが解らない人は、作業しないほうがいいですね。