イメージ 1

車検でお預かりしたZ1に、装着されているバックステップは、リヤドラム用で、かなり前から見かけるタイプです。

ペダルの動きが悪いので、恐らくグリス切れでしょう。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

この通り、完全にグリス切れの状態でした。

このタイプのステップでは、構造上仕方が無いんですが、ちょっとした対策をして置きました。

イメージ 5

車体のピボットの寸法の方がレバー部より短い為に、ピボット部にワッシャが入れられておりました。

このワッシャが無いと、レバーがフローティングと為らないので、ペダルがロックされてしまうからです。

この状態ではグリスも流れ、水も浸入しますのでワッシャの回りにOリングを入れます。

イメージ 6

そして、押さえるワッシャをプレーンタイプから、ノーマルのステップを止めている、純正部品名ではキャップと呼ばれている、周りに返りの付いたタイプのワッシャにする事で、Oリングのグリス切れや水の浸入も最小限にする事が出来るでしょう。

イメージ 7
イメージ 8

しかし、あくまでも表側だけの対策ですので、完全では有りません。

たまのグリスアップは必要です。