事故修理で入庫されましたホンダのX-4は、フロントフォークにダメージが有りましたので
インナーチューブを交換する為にオーバーホールします。

トップキャップを緩めていくと「ビヨーン」と勢い良く飛んで行きました。

インナーチューブ上部からは、カラーが飛び出しておりました。

イメージ 1
イメージ 2

その数値が62mmで、トップキャップで18mm、合わせて80mmもイニシャルが掛かっていた事になりますが、これは幾らなんでも多すぎじゃないですか?

組み付けるのも相当大変だったと思いますが、強化スプリングという事でガンバッたんでしょうか・・・。

車検でお預かりした時も、フロント廻りに違和感を感じておりましたが、多分原因はこれなんじゃないかと思います。

イメージ 3

今回、組み付けるのはハイパープロ製のスプリングですが、長さがこれだけ違います。

もし、長さが違うスプリングを組み付ける場合は、カラーで調整する必要があります。