最近、目にする事が少なくなったという声を聞きくGPZ900Rですが、只今2台入庫しています。

次々と高性能なバイクが登場しながらも、大幅なマイナーチェンジを行い、生産が続けられたという異例のバイクですから、その存在意義はメーカーとしても重要だったんでしょう。

イメージ 1

車検でお預かりとなった赤黒のニンジャは、アンダーカウルを装着した車両ですが、良く見ると・・・

イメージ 2

普通は、オイルクーラーの有る位置にサブラジエターを装着しています。

通好みですな。