イメージ 1

フレームが雑な塗装で、仕上げられていたR1のスイングアームです。

トルクロッドも取り付けられたまま、塗られています。

イメージ 6

サンドブラストの前に剥離剤で塗装をはがすと、前の塗装とサビの上からサフェーサーを吹いて雑な塗装で仕上げられています。

イメージ 2
イメージ 3

ピボットベアリングにグリスアップはされておりましたが、スリーブは傷んだままでサイドシールは裏表が逆に取り付けられておりました。

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 7

サンドブラストで完全に前の塗装とサビを落として、今回はウレタン塗装で仕上げました。

もちろん、ニードルベアリングにスリーブ、シールは新品に交換しています。