イメージ 1

車検でお預かりしたGPZ1100Fは、以前にも紹介した足回りをモデファイした車両です。

フロントは、ANDF無しのGSX1100SR刀用のフォークに換装しておりまして、標準の油面が176mmと「低い設定だな。」と思いつつも、車重も近い事ですしデータも有りませんでしたので、とりあえず標準としておりましたが、少々動きすぎるのでオイル粘度と油面の調整を行いました。

リヤブレーキのピボット部分が、固着しかけておりましたので、分解清掃です。

イメージ 2
イメージ 4
イメージ 3

サビはサンドブラストで完全に落とします。

イメージ 5
イメージ 7
イメージ 6

防錆処理後、組み付けです。

スプレーグリス等は、すぐに流れてしまいますので、応急的に使用しても、錆が出ている場合には、やはり分解して清掃、グリスアップの必要があります。

雨の日でも、ガンガン走る人は、要チェックです。