イメージ 1

イメージ 2

フロントフォークをXJRのフォークに変更した、1100GP です。

フロント廻りの整備が終わり、リヤ廻りの作業にかかりました。写真でも分かる様に、ホイルセンタが

出ていません。簡単に測定しただけでも、4~5mm センターがずれています。

他店で作られたこのバイクは、オーナーも気付いた異常にも対応せず、アライメントの測定業者に

測定してもらったそうですが、そちらも異常無しとの返答だったそうです。

フロントスプロケットを12mmオフセットしているにもかかわらず、170サイズのタイヤとチェーンが

こすれていて、リヤから見ればセンターが出ていないのは一目瞭然なんですがね。

スイングアーム、ホイールともデータは有りますが、個体差が有りますので測定から始めます。

スイングアームを外して個体で寸法を測定したら、ホイールセンタとチェーンラインを測定します。

結構、手間と時間がかかります。寸法が出れば、計算して製作するカラーの寸法を計算します。

適当に寸法合わせされた、リヤ廻りのカラーは全部作り直しです。リヤハブも削り過ぎのため、スペー

サーを作る必要があります。

トルクロッドの取り付け位置と角度も悪く、フレームに当たる所のスポンジテープを張っていました。

フレームに傷がつかない様に張ったんでしょうが、テープを張るより取り付け方を考えるべきですね。

オーナーの、手に入れたばかりなのに「悪いところは、全部直してください。」という言葉が物語る

意味とは....。