イメージ 1

トップブリッジとハンドルホルダを、溶接して合体させるという荒業をほどこされたGPZ1100Fが、完成

しました。フロント廻りは、ソードのホイール、サンスターのディスク、ブレンボキャリパーが派手に

目立ちますが、フォークはGSX1100SRいわゆる刀のANDF無しのフォークのアウターを、半ツヤのブラック

にペイントして装着しています。KZ1000MK2に、モリワキカヤバを装着する感じですね。

フロントフェンダーもGPZ用で、リベット止めされたブレスをいったん外して加工することで

違和感なく取り付けできたと思います。

セットアップは、オーナーの好みに合わせて行っていきましょう。