車検でお預かりしたGPZ900Rのご用命は前後のタイヤ交換です。

DSCN1269
DSCN1264

パッドの残量が前後共に半分以下となっておりましたので、交換します。
DSCN1266

DSCN1271


汚れたキャリパーを洗浄し、ピストンの汚れを落として給油後、ピストンを押し込みます。

手で押し込めない様なら、O/Hした方がいいですね。

DSCN1274

次はサイレンサーの交換です。

一時流行した90φX300mmのmotoGPタイプのアルミサイレンサーでしたが、グラスウールの容量も少ないんでしょうね、音量が気になりますので、100φX400mmのチタンサイレンサーでジェントルに行きましょう。

DSCN1273
DSCN1272


センターパイプの差し込み部分には、大きなクラックが入っておりましたので、溶接しておきます。

エンジンオイルと前後ブレーキ、クラッチフルードを交換、リヤブレーキスイッチにも不具合ありましたので、調整しています。


DSCN1275

完成です。