DSCN1261

オドメーターとスピードメーターをトップブリッジにセットして、バッテリーを繋いでメインキーでオンオフ出来るようにしています。

オドメーターにつないだ純正のスピードセンサーにレシーバをセットして手で回すことで、メーターを動かす事が出来ます。

これで、スピードパルスを計測して、スピードセンサーが完成した際に実走前に作動確認が行える様にしました。

もちろん、回路の製作は、私には手が負えませんので、専門家さんに外注です。

出来るだけ簡単に、動作確認をしてもらえるようにの準備です。

       つづく。