DSCN1248

車検で入庫頂いた,750RS、点火系をデジタル点火としている以外はノーマルのままお乗りです。

エンジンもO/Hされている様で調子も良く、何も問題は無さそうです。

ブレーキオイルの交換、チェーンの清掃、給油、調整、スロットル、クラッチのケーブルを給油を行いましたが、
クラッチレバーの操作が重いですねぇ。

クーブルに問題が無いのであれば、クラッチスプリングが強化されている可能性がありますので、確認します。

DSCN1238


右が使用されていたスプリングで、ノーマルよりバネレートが高い物に交換されておりました。

今回はスプリングホルダーを交換してスプリングングの座りを良くする事で、操作感の向上を狙います。

このホルダーを使用する際には、自由長の長いスプリングを使用する必要がありますが、バネレートは押さえて有ります。

DSCN1239

これで、かなりクラッチの操作は軽くなりましたよ。

  完成です。