DSCN1092

入庫まで、長らくお待ち頂きまして、申し訳ありません。

DSCN1095
DSCN1094
 

カムプラグからオイル漏れ修理の作業開始です。

DSCN1096

カムカバーをはずしたら、バルブクリアランスの点検と

DSCN1093

バルブタイミングの確認をしておきましょう。

エンジンO/H後、それほど乗られてないとの事ですのでちょうど各部に当たりがついたぐらいでしょうから、
調整しておくといいと思います。

私が組んだエンジンでは有りませんので、最初の設定値は分かりませんがバルブクリアランスは問題無し、
バルブタイミングはEX側に僅かの遅れ、恐らく面研の影響でしょう。

IN側は問題無しでしたので、カムスプロケットの加工と調整は次回としましょう。

続く