BL FACTORYのブログ

BL FACTORYのブログです。ここでは、広告等ではお伝えしにくい日々のニュースや、僕の感じた事なんかをお伝えできればと思います。その他、ツーリング等のイベント情報や告知、ホームページでお伝えしておりましたレースの活動報告なんかも、これからはこのブログで紹介して行きたいと思います。 ホームページも御覧下さい。http://www.bl-factory.com

2016年09月

Z1000R2 その3

イメージ 1

ガンコートされたクランクケースが戻ってきました。

もちろんシリンダーとヘッド、ヘッドカバーもガンコートです。

イメージ 2

新品のシフトドラムとインプット、アウトプットシャフトのWPC複合処理の予定でしたが、ミッションAssyでの
お得な料金設定が有るという事でしたので、ギヤ、ブッシュ、シフトフォーク等全てをWPC複合処理を行ってもらいました。

イメージ 3

滑りが良いのと耐久性が上がります。

イメージ 4

芯だし、ストローク合わせを行ったクランクをシム調整を行って組み付けたミッションをケースに搭載し

イメージ 5

クランクケースを組み付けた時点でフレームに搭載します。

これからカバー類を取り付けて、腰上を組んで行きますが・・・

イメージ 6

カバー類もリペイントしておきましょう。

つづく


KZ1000R1 その3

欠品中だったサンスターのディスクローターが入荷しました。

KZ1000R用280φです。

イメージ 1

ローターボルトも新品に交換しています。

イメージ 3

その後、オイル漏れを起こしておりませんので、ミッションカバーのガスケットとシール交換でオイル漏れは治っている様です。

イメージ 2

メガホン部が傷んでしまったマフラーは「機械曲げエキパイ KRタイプメガホン」に交換です。

イメージ 4

これから試運転を行います。

イメージ 5

試運転で気になったのは、ブレーキペダルが高すぎる事です。

イメージ 6

リヤマスターのプッシュロッドを縮めて調整します。

イメージ 7

高いブレーキペダルに合わせてカットされていたブレーキスイッチのスプリングも正規の物に交換します。

イメージ 8

イメージ 9

このぐらいが丁度いいと思います。

イメージ 10

お待たせいたしました、完成です。




GPz750F その3

イメージ 1

シリンダーヘッドが内燃加工から戻って来ました。

バルブガイドは超耐久といわれるPAMS製焼結バルブガイドを使用し、リテーナーは純正品を組み付けました。
イメージ 2

カムの潤滑とポンピングロスの低減を狙って、タペットにはホール加工を施しておきました。

イメージ 3

2度目のバルブシートカットにより、バルブが沈んだ事による圧縮ダウンの補正の為に、ヘッドガスケットに
薄いゼファー750純正メタルガスケットのボアを広げて使用しています。

イメージ 4

ヘッドを載せトルクの掛からなかったM8のネジ穴は、もう1度ヘッドを降ろしてヘリサート処理しました。

イメージ 5

タペット調整を行い、バルブタイミングの調整です。

ようやく振り出しに戻りました。

輸出用カムだったと記憶しておりますが、バルブタイミングは少しアレンジしております。

イメージ 6

キャブ、マフラーを組み付けエンジン始動、

イメージ 7

さっそく試運転に出かけました。

バルブ廻りが新品ですので、少しだけ慣らし運転しておきましょう。

調子も良いです。

以前はTMR36φが少し大きいかな・・・という感じも有りましたが、今は全然問題有りません。

イメージ 8

1日置いて、ヘッドナットの増し締めとカムカバーボルトの増し締めを行って完成です。




KZ1000J



イメージ 1

車検で入庫頂きましたKZ1000Jは、エンジン不調の為ロードサービスにより搬送されてまいりました。

最近のロードサービスは無料の搬送距離が長いので、大阪からでも無料だそうです。

エンジン不調の原因はスロージェットの詰まりが原因でした。

イメージ 2

さて、エンジンの調子が戻った所でオイル交換の為にマフラーを外します。

すると・・・

イメージ 3

フレームの塗装がブヨブヨになっております。

イメージ 4

原因はリヤマスターシリンダーからのブレーキフルード漏れです。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

ステッププレートを伝わって結構な範囲で、塗装が傷んでおります。

イメージ 8

まずは傷んだ塗装をはがして、ワイヤーブラシにて錆を落とします。

イメージ 9

落としきれない錆にサビチェンジャーを塗布します。

イメージ 10

すると、赤錆に化学反応して黒い皮膜となりサビの進行を防ぐ事ができ、上から塗装もO.Kです。

イメージ 11

ほぼ見えない所ですので、今回は筆塗りです。

イメージ 12

マスターシリンダーはストックしておいたAssyの新品です。

O/Hする部品代と工賃を考えれば、Assy交換した方がタンクやホース、ホースのスプリング等も新品になりますので、お得です。

後は各部の点検、増し締めを行って陸事に持ち込みです。




差し入れ #562

本日の差し入れは

イメージ 1

21周年のお祝いを持ってきてくださいました!

感激!!




イメージ 2

そしてこちらは、 犬用差し入れです。




イメージ 3

そしてこちらは、 鈴鹿サーキットのお土産です。

毎年ご家族で楽しみにしている車のレース観戦に行ってこられたんですよね~。

ありがとうございます~!









記事検索
ギャラリー
  • 差し入れ #683
  • 差し入れ #683
  • 差し入れ #683
  • 差し入れ #683
  • 差し入れ #682
  • 差し入れ #682
  • 差し入れ #682
  • 差し入れ #682
  • Z1000R2 テールランプブラケット
アーカイブ
  • ライブドアブログ