BL FACTORYのブログ

BL FACTORYのブログです。ここでは、広告等ではお伝えしにくい日々のニュースや、僕の感じた事なんかをお伝えできればと思います。その他、ツーリング等のイベント情報や告知、ホームページでお伝えしておりましたレースの活動報告なんかも、これからはこのブログで紹介して行きたいと思います。 ホームページも御覧下さい。http://www.bl-factory.com

2015年03月

差し入れ #511

本日の差し入れは

イメージ 1

先週いただいていました 「玉子焼き」 です。

いつもすみませんm(___)m





イメージ 2

そしてこちらは、 「つくだ煮セット」 です。

今晩お酒と一緒にいただきます。

ありがとうございます~!









GPz750F

イメージ 1

「低回転が扱いにくい・・・。」という事で夜勤明けから、そのままお越しいただいたS.Y号。

キャブレターNO.4に不調が見られます。

Vシール部分に何か入った様ですので、キャブレターを分解して清掃します。

イメージ 2

キャブホルダーとスロットルグリップ、スロットルスリーブはもう少し開度の大きい物に交換しました。

へたっていたサイドカバーのダンパーとカラーも交換しておきました。

イメージ 3

エンジンオイルとエレメントも交換という事でしたので、モチュールの新製品「エンジンクリーン」を試して頂きました。

ピストンリング廻りのスラッジを取り除いて、リングのテンションを回復させ、圧縮圧力の向上とバラつきが少なくなるという効果だそうです。

先日、10万Km越えハイエースの車検時に使用した所、アイドリングの安定性、発進時の力強さ等大きな変化がみられましたので、間違いなく効果は有ると思いますのでぜひお試しください。

イメージ 4

2台のGPz750F

調子を取り戻したGPz750Fに乗って、S.Yさんは福井県に帰って行きました。

ありがとうございました。



GPz750F

ワークスタイプメガホンの装着確認の為にGPz750Fのノーマル車両を探していたんですが、ようやく見つかりました。

イメージ 1

イメージ 2

72PS のGPz750から77PSとなってFが付いた、通称では無く正真正銘のGPz750F A2です。

通常はA2には無いマフラーのKawasakiエンブレムが有りますが、これは輸出仕様に交換されていると思われます。

キャブのインナーパーツも国内仕様とは異なるジェットが使用されており、エアクリーナーダクト内のゴムダクトも外されております。

実は私が1987年に限定解除して初めて購入したのも銀/青のGPz750のA1でした。

当時はGPZ750RやVF750Fの水冷、GSX750Rの油冷車が人気の中心で、4年落ちの空冷GPzは走行も少なく
フルノーマルのピッカピカでしたが比較的安く店頭に並んでいました。

400ccから乗り換えた当時、GPz750はパワーは有りましたが、車体が重くてブレーキの効きも悪く、コーナーではリヤの挙動が変で苦労した覚えが有ります。

何も知識が無かった頃ですからもしかしたらバイクに不具合が有ったのかも知れませんねぇ・・・。

「じゃあ、もしこのバイクであの頃に感じた不具合が出るなら、今なら直せるんじゃないのかな?」

という訳で、整備を始めましたが・・・。

ステムベアリングにフォークのインナーもサビでダメ、前後キャリパー、マスター、ブレーキパッド、リヤショック、スイングアームピボットにリンク廻り、当然タイヤ、チェーンもダメ・・・。

ホイールベアリングにブレーキホースも交換が望ましい・・・。

31年前のバイクで放置期間も有ることから、これぐらいは手を入れる必要が有ります。

完全にノーマルで仕上げるのが目的でしたが、欠品のリヤサスは社外品とするしか有りませんし、どうせならタイヤも少し良い奴にしたい。

今ならチェーンは520も選択するのも有り。

フォークスプリングを交換するなら少し強化でフォークシリンダ加工、アンチダイブはキャンセルして、e.t.c・・・。

そうなると、もはや当時の再現とはなりませんし、これだけ手を入れれば恐らく、昔感じた様な不具合は出ない様な気がします。

ベース車両の程度によっては完全ノーマルを目指して整備する方が費用が掛かるのも仕方が無い・・・。


で、結局こんな感じになりました。

イメージ 3

KZ1000J レーサーの前後のダイマグホイール、タイヤ、ブレーキ廻り、38φフロントフォークを移植しました。

スイングアームにはトルクロッドマウントを下側に溶接してバフ掛け、リンク廻りO/Hしてベアリング、スリーブの交換、リヤサスはナイトロンに交換した S.Y さんが捨てていったオーリンズ。

減衰機構が壊れており、「いらない」と言ったのも納得、それを修理に出して装着しました。

新品と変わらないぐらいの費用が掛かりましたが、GPz750F用はもう廃盤なので仕方がない・・・。

そのかわりステム、フロントフォーク、ブレーキ、ホイール、タイヤ代が必要無かったので良しとしよう。

イメージ 4

ステムはKZ1000R2純正で、キーシリンダはGPz750F用そのままでハンドルロックもO.K,。

ステムベアリングは下がテーパー、上がボールの定番仕様。

イメージ 5

ノーマルのメーターはステーを製作してカウルマウントに変更し、インジケーターは小型のLEDがセットとなった
デイトナの新製品で、ETCも取り付けましたのでツーリングもバッチリです。

イメージ 6

イメージ 7

マフラーは機械曲げエキパイのワークスタイプメガホンSTDタイプですが、エキパイはおかみのD1から外した
旧型です。

メガホン部分のステーの採寸が目的ですので問題有りません。

ナンバーが取れたら試運転に出かけます。

28年前とは別物ですので、恐らく昔感じた様な事は無いはず。

これに、しばらく自分で乗ろうと思います。





差し入れ #510

本日の差し入れは

イメージ 1


イメージ 2

「 ホワイトデーです! 」 ・・・と 持ってきてくれました!!

ありがとうございます~^^







SPEED and CUSTOM full speed in ポートメッセ名古屋

3/8(日)は、ポートメッセ名古屋で開催されるイベント「OFF LINE BUY and TRADE 6TH」内で開催される
「SPEED and CUSTOM full speed」に車両出展の為に、休業とさせていただきます。

CLASSIC LEGENDS      ローライダー&カスタムカーショー
TRIUMPH RIOT         オールドトライアンフミーティング
MAD MAX CONVENTION   マッドマックスミーティング
RED WHEEL MEETING      オールドBMXショー
JUNX OUTSIDE TOY SHOW  50’~90’なTOYやピンストライパー、彫師など様々なアーティストによるカスタム
                    ショー
等のたくさんのイベントがインドアで行われます。


今回、我々は国産カスタムバイクとして車両の展示を行います。

イメージ 1

イメージ 2

当社からは新型のワークタイプメガホン手曲げエキパイType2を装着したD1を展示いたします。

来年からは国産4気筒のみのイベントとして計画も進んでいるそうで、今回はそのプレイベントとして数社だけの参加ですが、来年は全国のショップが名古屋に集まるかも・・・。

皆さん、ぜひ会場まで足を運んでください。

会場でお会いしましょう。


記事検索
ギャラリー
  • 近接センサーによるスピードセンサーの製作 その3
  • 近接センサーによるスピードセンサーの製作 その3
  • 近接センサーによるスピードセンサーの製作 その3
  • 近接センサーによるスピードセンサーの製作 その3
  • GPZ900R
  • GPZ900R
  • GPZ900R
  • GPZ900R
  • GPZ900R
アーカイブ
  • ライブドアブログ