BL FACTORYのブログ

BL FACTORYのブログです。ここでは、広告等ではお伝えしにくい日々のニュースや、僕の感じた事なんかをお伝えできればと思います。その他、ツーリング等のイベント情報や告知、ホームページでお伝えしておりましたレースの活動報告なんかも、これからはこのブログで紹介して行きたいと思います。 ホームページも御覧下さい。http://www.bl-factory.com

2014年09月

Z2

 
イメージ 2
車検でお預かりしたZ2は、ブレーキパッドの交換します。
 
イメージ 1
 
残りは約1㎜程でした。
 
イメージ 3
60度のお湯にケミカル剤を溶いて、キャリパーを丸洗いします。
 
お湯はこの様に真っ黒になります。
 
60度という温度に特に意味は有りません。
 
これ以上熱いと手袋をしていても洗うのが難しいだけです。
 
イメージ 4
 
これからピストンを磨いて給油し、もみ出しを行ってからパッドを取り付けます。
 
イメージ 5
 
パッドピンのベータピンが無くなってましたので、取り付けてワイヤーロックしておきました。
 
 

GPZ900R

イメージ 1
 
今週の車検はこちらの2台でした。
 
イメージ 2
 
GPZ900Rは、キャブレターを
 
イメージ 3
 
TMRに交換しました。
 
中古のオイルキャッチタンクが有りましたので、こちらは押し売りです。
 
ニードルのセットが合わないので、もう1週間預からせてくださいね。

ワークスタイプメガホン

機械曲げエキパイシリーズのメガホンマフラーを完全リニューアルして販売する事になりました。
 
こちらは、ワークタイプメガホンのUPタイプです。
 
イメージ 1
 
試作品が完成しましたので、車体で取り付け確認を行いました。
 
今回の変更点1つ目は、ヘッドに取り付ける口金をステンレス製としてさび付きを防ぎ、クリアランスの最適化を図りました。
 
口金以外はこれまで同様に鉄製です。
 
イメージ 2
 
2つ目はエキパイの口金からの1R目を90Rから85Rとし、スプリングをショート化してテンションを上げています。
 
イメージ 3
 
集合部の後ろのセンターパイプも形状を変更していますが、量産品はこれより20㎜程度短くなる予定です。
 
春からずっとバックオーダーでお待ちいただいておりましたが、今月末にはお届けできると思います。
 
もちろん、STDタイプ、KRタイプも同時にお届けできます。
 
機械曲げエキパイのリニューアルが終わりましたら、これをベースとした手曲げエキパイタイプ2の製作に入りますので、そちらももう少しお待ちください。

KZ1000J その2

ハンドル、ハンドルスイッチを交換してハイスロを取り付け、キャブレターをTMR38φに交換します。
 
イメージ 1
 
まずは、付属されているスピゴットを・・・
 
イメージ 2
 
BLオリジナルのショートタイプに交換です。
 
これは、ゼファー1100用のキャブホルダー専用品となっております。
 
イメージ 3
 
こうなります。
 
イメージ 4
サーキット走行に対応する為に、320φのローターを使用するにはフロントフォークにも手を入れておく必要があります。
 
イメージ 5
スプリングは、特殊なレートの2段バネに合わせて、フォークシリンダの加工をします。
 
オリフィスを溶接で塞いでから、穴を開け直します。
 
痕はお好みに合わせて、カラーを入れてイニシャルを掛けたり、フォークオイルの粘度を変えてあげれば良いと思います。
 
つづく
 
 
 

Z1100R その9 

イメージ 1
 
レストアでお預かりしておりますZ1100Rも、エンジンの組み付けが完了しました。
 
イメージ 2
 
オイルクーラーも純正をリペイントしています。
 
イメージ 3
 
これから先の作業は1Fで行う予定ですので、1Fが空き次第降ろして来て作業開始とする予定です。
記事検索
ギャラリー
  • 差し入れ #683
  • 差し入れ #683
  • 差し入れ #683
  • 差し入れ #683
  • 差し入れ #682
  • 差し入れ #682
  • 差し入れ #682
  • 差し入れ #682
  • Z1000R2 テールランプブラケット
アーカイブ
  • ライブドアブログ