BL FACTORYのブログ

BL FACTORYのブログです。ここでは、広告等ではお伝えしにくい日々のニュースや、僕の感じた事なんかをお伝えできればと思います。その他、ツーリング等のイベント情報や告知、ホームページでお伝えしておりましたレースの活動報告なんかも、これからはこのブログで紹介して行きたいと思います。 ホームページも御覧下さい。http://www.bl-factory.com

2012年09月

KZ1000J

先日、モーリスホイールを入れたKZ1000J のリヤタイヤは150/70-18 です。
 
イメージ 1
 
ノーマルのトルクロッドとのクリアランスがギリギリです。
 
新品タイヤを組んだ時は、1㎜ほどのクリアランスが有りましたが、荷重が掛かるとタイヤの変形により
わずかにこすれ出しました。
 
まぁ、想定内でしたので対策しましょう。
 
ストックしてあるトルクロッドを加工します。
 
イメージ 2
 
まずは内側をカットして、最近さらに腕を上げと評判のTIG溶接で鉄板を溶接して仕上げます。
 
イメージ 3
 
ブラストを当てて、ウレタンペイントで出来上がり。
 
イメージ 4
ホイールの脱着時の事を考えて少し大きめにカットしておきました。
 
これで、クリアランスも十分です。
 
 

Z1

走行中にいきなりエンストしたというZ1の入庫です。
 
ヒューズが飛んで IG が ON とならない状況でしたので、とりあえずヒューズ交換で IG ON となりましたが・・・
 
エンジンが掛かりません。
 
どうやら、火が飛んでないですねえ・・・タンクを降ろして点火系の点検です。
 
イメージ 1
 
このダイナSの電源辺りが、なんか怪しそうだな・・・
 
イメージ 2
イメージ 4
危ない、危ない、焼ける寸前ですよ・・・
 
イメージ 5
 
IG電源線がこんなにねじれてるのは問題です。
 
イメージ 6
 
ハンドルスイッチのコネクタも焼けてます。
 
イメージ 7
イメージ 8
 
ハンドルスイッチのコネクタを交換して、焼けたハーネスは部分的に交換しました。
 
イメージ 9
イメージ 3
ダイナSの+電源のハーネスも短くカットして、ハーネスから分岐させておいたハーネスとギボシで接続します。
 
+電源が熱を持ってビニールの被服を溶かし、ショートした事でヒューズが飛んだ事で大事には至りませんでしたが、車両火災の可能性も有り得る事例だと考えられますので、良かったですね。
 
その後、IGコイルの不具合により、点火システムをウオタニSP-Ⅱキットに交換しました。
 
 
 
 
 
 

差し入れ #383

本日の差し入れは
 
イメージ 1
 
大分のお土産です。
 
九州弾丸ツアーでツーリング行ってこられたそうです〜。
 
雨の予報ではなかったのに、降られたそうです〜。  お疲れ様でした。
 
ありがとうございます。
 
 
 
 

KZ1000R1

イメージ 1
 
エンジンO/Hから7年経過したKZ1000R1です。
 
シリンダヘッドガスケットからのオイル漏れ修理で、ヘッドガスケットの交換です。
 
イメージ 2
ヘッドガスケットを従来より薄いタイプに交換して圧縮アップを狙います。
 
バルブタイミングは遅れる方向となりますので、当然調整が必要となります。
 
ちょっとしたバージョンアップという感じですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

モーリスホイール

イメージ 1
 
ハイポイント社製モーリスホイールの後期型です。
 
今でも根強い人気が有りますが、バランスに関しては少々問題が有る個体も有る様で、50g以上のバランスウエイトを張り付けたのを見た事が有ります。
 
まず、ホイール単体でバランスを測ります。
 
イメージ 2
普通は1番重く、下に来るはずのエアバルブにタイヤの軽点を組み合わせますが、エアバルブがこの位置では
うまくバランスが取れないのは当然です。
 
イメージ 3
ホイールの1番重たい部分とタイヤの軽点を組み合わせて、バランスウエイトは15gでした。
 
これぐらいなら、いいんじゃ無いでしょうか。
 
イメージ 4
 
ディスクキャリヤはシルバーにペイントしておきました。
 
念願のモーリスホイール装着、完成しました。
記事検索
ギャラリー
  • 近接センサーによるスピードセンサーの製作 その3
  • 近接センサーによるスピードセンサーの製作 その3
  • 近接センサーによるスピードセンサーの製作 その3
  • 近接センサーによるスピードセンサーの製作 その3
  • GPZ900R
  • GPZ900R
  • GPZ900R
  • GPZ900R
  • GPZ900R
アーカイブ
  • ライブドアブログ