BL FACTORYのブログ

BL FACTORYのブログです。ここでは、広告等ではお伝えしにくい日々のニュースや、僕の感じた事なんかをお伝えできればと思います。その他、ツーリング等のイベント情報や告知、ホームページでお伝えしておりましたレースの活動報告なんかも、これからはこのブログで紹介して行きたいと思います。 ホームページも御覧下さい。http://www.bl-factory.com

2012年01月

Z1000ST その2

イメージ 1
 
マフラーからの白煙大というZ1000STは、オイル上がりが原因という事で、オーバーサイズピストンを組み込む事になりました。
 
内燃機屋さんも忙しいそうで、ようやく仕上がってきました。
 
イメージ 2
イメージ 3
 
使用するピストンはカワサキ純正0.5㎜のオーバーサイズピストンです。
 
まだメーカーから出るんですから、ありがたいです。
 
イメージ 4
バルブガイドはO.Kでしたので、バルブフェイスカットにバルブシートカット、すり合わせを行っております。
 
シリンダーとシリンダヘッドは塗装が傷んでおり、洗浄により剥げてしまいましたが、不自然にならない様にお化粧直しをしておきました。
 
イメージ 5
カムを載せて・・・
 
イメージ 6
 
タペット調整の後は、データ取りの為にバルブタイミングの測定しておきましょう。
 
わずかの遅れが確認できましたが、まぁ、O.Kとしていいと思います。
 
つづく
 
 
 
 

差し入れ #336

本日の差し入れは
 
イメージ 1
 
神戸市北区にある 「豊助饅頭」 です。
 
少し峠を走ると、 豊助饅頭・・・ の前を通るんですね〜。
 
ありがとうございます。
 
 
 
 

KZ1000MK2

イメージ 1
セパハンの具合がやけに「あいつとララバイ」な、KZ1000MK2です。
 
「キャブレターの調子が良く無いので、FCRからTMRに交換したい・・・」というご用命で、入庫いただきました。
 
聞けば、エンジンをO/Hしてからは3.000Km程の走行という事ですが、初めてのご入庫でキャブレターの調整を行う場合は、念の為にバルブクリアランスとバルブタイミングを確認させていただいております。
 
カムチェーンが小判型のタイプに交換されておりましたが、ここで問題がありました。
 
イメージ 3
 
Z1やMK2に使用されているカムチェーン形状は通常ひょうたん型が使用されており、ノーマルのカムスプロケットのダンパは、当然その形状に合わせた形状となっておりますが、このスプロケットに小判型チェーンを組み合わせると・・・
 
イメージ 2
形状違いのサイドプレートに攻撃されたダンパはボロボロになり、接着面の1番小さいダンパは剥離してしまいます。
 
イメージ 4
アイドラもこの通り・・・
 
もう1つ問題が有ります。カムチェーンの軌道が狂う事でバルブタイミングが狂う事です。
 
イメージ 9
ピストン上死点で、EX側カムが遅れているにもかかわらず・・・
 
イメージ 10
 
IN側はほぼ、正規のタイミングです。
 
これは、カムスプロケットの軌道がカムスプロケットとアイドラギヤのダンパで狂った為ですが、問題はシリンダーにもアイドラギヤが組まれているという事とEXカムタイミングの遅れの関係です。
 
EXカムタイミングがアジャスタブルカムスプロケットに交換しても調整範囲無いでない場合は、シリンダーのアイドラギヤのダンパを取り外してチェーン位置の合わせ位置を変更しなければならない可能性もあります。
 
イメージ 11
無事に調整する事ができましたが、この後すこしづつ遅れて行く可能性もあります。
 
イメージ 12
 
とりあえず、トップアイドラーのダンパーだけは取り除いておきましたが・・・
 
ちょっとだけカムチェーンの音が大きくなってしまうのは、仕方無いんです。
 
イメージ 5
ボルト違いのカムホルダーのボルト・・・
 
「少し長いボルトにすれば、今回だけはなんとかトルクがかかる・・・」
 
わかります・・・もう一度カムを外してマスキングしてヘリサート加工って、確かに面倒ですもんね・・・
 
自分のバイクなら、自己責任でやればいいんですがね・・・
 
イメージ 6
外した時に解ったんで、先にヘリサート加工しておきました。
 
イメージ 8
 
イメージ 7
 
カムカバーのネジ穴に、完全にネジ山が無いネジがありましたので、7こちらもヘリサート加工しておきました。
 
つづく
 
 
 

Z750FOUR

 
イメージ 1
こちらは、車検で入庫頂いたA4のZ2です。
 
クラッチトラブルという事で試運転から戻ると・・・
 
イメージ 2
 
オドメーターがちょうど80,000となってました。
 
でも、じつは+10万キロでトータル18万キロだそうですが、まだまだ走れます。
 
 

大阪モーターショー

今日は臨時休業させていただいて、大阪モーターショーへ行って来ました。
 
メインは4輪でしたが、ホンダ、スズキのブースには2輪も展示されており、
その中でもホンダのブースには、唯一レーシングマシンのRC212Vが展示されて
おりました。
 
イメージ 1
 
せっかくなので、またがらせてもらいました。
 
コンパクトな車体にビックリです。
 
ステップ位置、レバー角度等を確認して、「ふ~ん、なるほど・・・」って感じ。
 
イメージ 2
 
4輪で人気が有ったのは、トヨタの「86」・・・
 
ネーミングにメーカーのバカさ加減が表れているにも関わらず、車体には皆さん関心有る様ですね。
記事検索
ギャラリー
  • 差し入れ #648
  • 差し入れ #648
  • 差し入れ #648
  • Z1100R FCR
  • Z1100R FCR
  • Z1100R FCR
  • Z1100R FCR
  • Z1100R FCR
  • Z1100R FCR
アーカイブ
  • ライブドアブログ