BL FACTORYのブログ

BL FACTORYのブログです。ここでは、広告等ではお伝えしにくい日々のニュースや、僕の感じた事なんかをお伝えできればと思います。その他、ツーリング等のイベント情報や告知、ホームページでお伝えしておりましたレースの活動報告なんかも、これからはこのブログで紹介して行きたいと思います。 ホームページも御覧下さい。http://www.bl-factory.com

2010年01月

エンジンO/H  

只今、Z1-RとKZ900LTDのフルO/Hに、KZ1000R1の腰上O/Hの作業中ですが、
もう1機J系エンジンのフルO/Hの作業を開始しました。

イメージ 1
イメージ 2

オイル消費が激しかったのが、確認できます。

イメージ 3
イメージ 4

洗浄後のシリンダーですが、カムチェーントンネル部、オイルラインの汚れが気になります。

イメージ 5

オイルラインをブラシでこすると、これだけの汚れが溜まっておりました。

イメージ 6
イメージ 7

クランクケース内部の汚れも、洗い油での洗浄では落とす事は出来せん。

精密部品洗浄用のガラスの粉によるブラストをすると・・・

イメージ 8

このとおり、ピカピカになります。

イメージ 9

外部はサンドブラスト処理を行いました。

この後、塗装となります。

差し入れ #173

イメージ 1

本日は、イタリアのお菓子で「Loacker」のウエハース色々です。

ありがとうございます!!

KZ900LTD その2

イメージ 1

クランクケースから取り出した、アウトプットシャフトです。

ダメージはこのシャフトのみで、ミッションのギヤが無事なのが幸いでした。

破損したベアリングのレース等が、ギヤに噛みこんでしまうと、歯が欠けてしますからね。

高速道路でこのトラブルが出た場合は、ほとんどの場合でギヤに破片が噛みこんで、キックアームがすごい勢いで降りますので、バックステップにスニーカーの組み合わせだと、相当痛い思いをすると思います。

イメージ 3

シャフトとインナーレースが焼き付いてしまってますので、プーラーで外すよりも、グラインダーでギリギリまで削って取り外す方が、ダメージが少ないでしょう。

イメージ 2

シャフトは、修整で再使用出来そうです。

つづく

差し入れ #172

本日は(週末に頂きました!)

不二家のロールケーキです。

イメージ 1

生地もクリームも真っ白です!!

イメージ 2

イメージ 3

こちらは、ミスタードーナツです。

ありがとうございます!

KZ900LTD その1

イメージ 1

昨年、走行不能となって入庫しておりましたKZ900LTDです。

原因は、アウトプットシャフトのベアリングの破損です。

イメージ 2

長らくお待たせ致しましたが、作業開始です。

イメージ 3

まずはオイルパンを外します。

イメージ 4
イメージ 5

へんてこりんなオイルポンプが付いておりました。

これは、かなりフロントフォークを伸ばして乗っても大丈夫な様に、改造されて
いたんでしょう。

イメージ 6

はい、降りました。

これから、分解して行きます。
記事検索
ギャラリー
  • 差し入れ #648
  • 差し入れ #648
  • 差し入れ #648
  • Z1100R FCR
  • Z1100R FCR
  • Z1100R FCR
  • Z1100R FCR
  • Z1100R FCR
  • Z1100R FCR
アーカイブ
  • ライブドアブログ