BL FACTORYのブログ

BL FACTORYのブログです。ここでは、広告等ではお伝えしにくい日々のニュースや、僕の感じた事なんかをお伝えできればと思います。その他、ツーリング等のイベント情報や告知、ホームページでお伝えしておりましたレースの活動報告なんかも、これからはこのブログで紹介して行きたいと思います。 ホームページも御覧下さい。http://www.bl-factory.com

2008年12月

差し入れ #102

イメージ 1

本日の差し入れです。

今年も残りわずかですね~。

皆様、たくさんの差し入れ本当にありがとうございました。(感謝!)

来年もどうぞよろしくお願い致します。(礼)

今年最後の

さて、今年最後となる作業です。

低速のエンジン不調でキャブレターのO/Hをしてみても改善されませんでしたので、
タペット調整を行う事となりましたが、どうせならという事でヘッド廻りのO/Hと
なりました。

車両は・・・

イメージ 1

ZXR750のH1です。

このH1は、レーサーレプリカが熱かった時代のTT-F1レプリカで、デュアルヘッド
は耐久イメージでカッコ良いです。

43φのフロントフォークや、大径ディスクに4ポットキャリパー、リヤには5.5インチ幅のホイールと、かなり進んだ足廻りと感じますが、89年式とすでに20年近く経過しており、純正部品ではEXバルブ、キャブホルダーラジエターホース、カムチェーンガイド等が欠品となっており、Z系なんかよりも維持が難しくなっているのが現状です。

少しでも部品が揃ううちに、手を入れておいた方がいいという事です。

ヘッドを降ろすには、まずエンジンを降ろさなければなりません。

イメージ 2

ここに、ヘッドボルトが有る為ですが、車載での整備は考えられて無いようです。

イメージ 3

カウルやラジエターを外す作業が、普段は空冷が多いので手間に感じますが
エンジン自体は、真下の降ろす事が出来るので、一長一短ですかね。

ヘッドの分解は新年から始めます。

差し入れ #101

本日の差し入れです。

こちらは、西川きよしもオススメの和菓子屋さんらしいですよ~!

イメージ 1


イメージ 2

ありがとうございます。

Z1000J ヘッドオイルもれ

イメージ 1

イメージ 2

今年も残す所あと少しですが、ヘッドガスケット部分からのオイルもれ修理で、Z1000Jのシリンダヘッドを降ろします。

シリンダヘッドは過去に降ろされた事が有る様で、社外品のヘッドガスケッとが使われておりました。

オイル漏れの原因もこのガスケットです。

イメージ 3

シリンダデッキ面とシリンダヘッドに歪みは確認出来ませんでしたので、新品のガスケットで組み付ければオイルもれ修理は終了です・・・が、燃焼室のカーボンを見ると
このまま組み付けるのは、もったいない。

イメージ 4
イメージ 5

燃焼室、バルブのカーボン落しと、バルブの当たりを点検して、最低でもすり合わせと
ステムシール交換ぐらいは、やっておきたいですね。

オーナーと相談して進めていきましょう。

よく見ると、シリンダーのスリーブに・・・・。

つづく。

Z1000J完成

イメージ 1

今年最後の納車となる、Z1000Jです。

CR29φで封印されていたパワーは、FCR35φで開放され、乗りにくかった車体は、
フロント、リヤのサスペンションの見直しで適正なディメンションとなり、軽快さを取り戻しております。

作業前の姿を、記録しておけば比較出来たんですが、乗ると感じて頂けると思います。

お待たせいたしました。
記事検索
ギャラリー
  • 差し入れ #643
  • 差し入れ #643
  • 差し入れ #643
  • KZ1000J その2
  • KZ1000J その2
  • KZ1000J その2
  • KZ1000J その2
  • KZ1000J その2
  • KZ1000J その2
アーカイブ
  • ライブドアブログ