BL FACTORYのブログ

BL FACTORYのブログです。ここでは、広告等ではお伝えしにくい日々のニュースや、僕の感じた事なんかをお伝えできればと思います。その他、ツーリング等のイベント情報や告知、ホームページでお伝えしておりましたレースの活動報告なんかも、これからはこのブログで紹介して行きたいと思います。 ホームページも御覧下さい。http://www.bl-factory.com

差し入れ #657

緊急事態宣言が出ていた時にも来店してくださったお客様、心配してくださってありがとうございます。

差し入れもいただいておりました。

一気に紹介したいと思います。

DSCN1678

DSCN1773

DSCN1908

DSCN1869

DSCN1907

DSCN1923

DSCN1988

他にもいただいていたのに写真撮り忘れてるのもあります。ゴメンナサイ。

少しでも早くコロナが収まりますように。。。


KZ1000MK2 その3

以前、シリンダヘッドに問題が見つかっていたこのMK2です。

DSCN1762


シリンダヘッドのカムホルダーボルト穴は、通常のヘリサート処理では無く、エンザートっていうんですかね?

これまで何回か見た事がありますが、16本全てというのは初めてです。

規定トルクで締める事は出来ますが、ドエルピンが使用出来ない為に

DSCN1770

ホルダーの位置が定まらないので、当然カムホルダーとカムが擦れてしまう場合が出てきます。

DSCN1763

エンジンO/Hの際には、部品取り用のエンジンAssyを用意して頂いておりました。こちらのヘッドを


DSCN1772

DSCN1766


まさかの同じ状態でした、いやさらにひどいかも・・・

DSCN1767
DSCN1764

カムカバーのボル穴まで・・・。

つづく・・・。

ステムベアリング、ピボットベアリング点検




「しばらく乗れていなかったので、足回りの点検を・・・」というご要望です。

まずはステムベアリングから

DSCN1606
DSCN1607

レースに傷、サビ等無く交換の必要は有りませんが、グリスはもう古そうですので、洗い油でキレイにしてからグリスアップを行います。

DSCN1610

DSCN1611

サビの出ていたトップナットとワッシャは、磨いておきました。

次はスイングアームを取り外し、ピボットのベアリングを点検します。

DSCN1638
DSCN1637

ボールベアリング、ニードルベアリング共に問題ありませんでしたので、
こちらも洗い油で古いグリスを洗い流してグリスを入れ替えます。DSCN1626

ホイールベアリングも前後共に問題無し。

スイングアームを外したついでに・・・

DSCN1624

バッテリーケースの錆びて固着して緩まないボルトを、抜き取ります。

表からはアクセスしにくかったので、裏から作業します。

DSCN1633
DSCN1634

姿勢が大変でしたが、何とか抜き取りに成功しました。

つづく













記事検索
ギャラリー
  • 差し入れ #660
  • 差し入れ #660
  • 差し入れ #660
  • ZX-10
  • スピードパルスコンバーターその2
  • KZ1000J
  • KZ1000J
  • KZ1000J
  • KZ1000J
アーカイブ
  • ライブドアブログ