BL FACTORYのブログ

BL FACTORYのブログです。ここでは、広告等ではお伝えしにくい日々のニュースや、僕の感じた事なんかをお伝えできればと思います。その他、ツーリング等のイベント情報や告知、ホームページでお伝えしておりましたレースの活動報告なんかも、これからはこのブログで紹介して行きたいと思います。 ホームページも御覧下さい。http://www.bl-factory.com

Z1000ST


新年度 最初の車検です。

DSCN1381

Zの中でもレアモデルのZ1000STです。

MK2に似ていますが全くの別物で、ほとんど共通部品は有りません。

ハンドルスイッチを交換を試みたそうですが、リプレイスでは専用品は存在しませんので、MK2用を手配した物のカプラーオンとならずに、部品をお持ち込みになられました。

DSCN1378

DSCN1377

ハーネスの色にも少し違いが有り、IGコイルの⊕電源やスターターボタの配線等も異なりますので、スイッチを分解してハーネスを解析し、スイッチ側のハーネスを加工して装着します。

DSCN1380

ハーネスの加工後、整備性の悪いコネクタカバーは、取り外しておきます。DSCN1382
DSCN1383

DSCN1372
DSCN1375

ブレーキペダルのリターンスプリングが折れてしまっております。
これは、1000ST専用品でZ1やMK2用は適合しません。

DSCN1376

応急処置として、コイルスプリングを取り付けて
検査ラインを通して来ました。

後は、気長に部品を探す、ワンオフする、このままで行く、もっと目立たない所に移動させる等、色んなやり方が有りますので、検討してください。

完成しました。





2020年 仕事始めです。


あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

DSCN1361

今年も色々試してみて、良い物を提案出来ればと思います。

第一弾は、只今開発中の、近接センサーを使用したスピードセンサーユニットです

DSC003811 DSC003900

 近接センサー取り付け例               検出ポイント数、ホイールサイズ
                         (17,18,19)設定可能です。

、対応車種は、KZ1000J1,J2,R1、1100GPのB1で、純正同様にトリップメーターに接続しますので、
近接センサーの取り付け以外は、カプラーオンです。

検出ポイント数とホイールサイズの変更はコントローラーを接続して入力可能する予定で、
入力に応じてマイコンが演算し、パルス数を変更するという機能が付いています。

もう少しテスト走行して精度の確認を行いますので、春頃には発売できると思いますので、ご期待ください。

それでは、皆さん今年も楽しいバイクライフをお過ごしください!








    






Z750FOUR Z2 A4



DSCN1358

この様にカスタムされた状態で購入された、Z750FOUR 、型式はZ2です。

各部に不具合が有り、全てを手直しし、エンジンもO/Hというご要望です。

DSCN1359

フレームにも手が入れられ、リヤがディスクブレーキとなっておりますので、まずは改造申請を行い、Z2改となってから、他の作業に入る事にしました。

リヤ廻りは、MK2のノーマルです。

改造申請は、兵庫支部では出来ず。大阪本局で行わなければならないので大変です。

書類を作成、提出し、何度か追加書類の提出、訂正を行い、今月になってようやく改造申請審査をパスする事が出来ました。

車両持ち込み審査は神戸で行えますので、年明けには持ち込みたいと思います。


本日で、2019年度の営業は最後となりました。

今年もありがとうございました。

2020年度もよろしくお願い致します。

新年は、8日(水)からの営業となります。

それでは、皆さん良いお年をお迎えください。


















記事検索
ギャラリー
  • Z1000ST
  • Z1000ST
  • Z1000ST
  • Z1000ST
  • Z1000ST
  • Z1000ST
  • Z1000ST
  • Z1000ST
  • Z1000ST
アーカイブ
  • ライブドアブログ